Count: 47094
Welcome to shirotakanomachi
Name
Sex
Site
Mail
Mail Comment
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
ヒッタイト宿帳No.435
2012年04月06日金曜日 08時25分
朝方、爽やかな風が山から下りてくる頃、またyatimoがやってきた。今夜は最悪の気分だ。yatimoは笑みを浮かべカウンターの隅に座った。
クマルビ神 yatimo
「やっとこさ、すぴーどくじ当たった〜
なかなか当たらないもんだなぁ」
居酒屋からシャワーを浴びに来たらしい。

しばらく傍観していたりーが誰にも聞こえないようこう呟いた。
偵察係りの恋人 りー 2012年04月07日土曜日 08時03分
「まだ当たりません〜涙。」

yatimoは時間も気にせず話を続ける。
クマルビ神 yatimo 2012年04月07日土曜日 11時17分
「あれ、りーさまがまだだなんて、めずらしや〜
頑張ってください!!」

yatimoはアダに聞こえるように付け加えた。
クマルビ神 yatimo 2012年04月08日日曜日 20時29分
「援護射撃の為に、スピードクジ引きますね。誰かが引かないと回らないんですよね(笑)2回当たりを引いても無効ですって表示されちゃうけれど^^」

りーはまだ飽き足りない。
偵察係りの恋人 りー 2012年04月08日日曜日 22時18分
「が、頑張りますぅ〜〜〜!」

yatimoはアダに聞こえるように付け加えた。
クマルビ神 yatimo 2012年04月12日木曜日 22時41分
「ごめんなさ〜〜〜〜い
また、当たりを引いてしまいました・・・・」

再びりーの論説が繰り返される。
偵察係りの恋人 りー 2012年04月12日木曜日 23時25分
「まだまだ・まだまだ当たらないんですけどぉ〜〜〜涙。」

りーは話し止める事を恐れていた。
偵察係りの恋人 りー 2012年04月15日日曜日 12時12分
「やっと・やっと当たりましたよぉぅ〜感涙。
…長かったなぁ…シミジミ。」

yatimoは思い出したかのようにこう呟いた。
クマルビ神 yatimo 2012年04月15日日曜日 12時43分
「りーさま、ようやくですね!今sっき、当たり情報が飛んできました(笑)
りーさまの援護射撃のつもりが、逆に邪魔をしてしまい、
2回当たりを引いたので、どなたかにお譲りします。
欲しい〜って方がいらっしゃったら、このレスの後に書き込んで
くださいませ。(笑)
ただし、あみだくじの権利だけで、スピードクジのポイントは
つきません。」

ヒッタイト宿帳No.436
2012年04月08日日曜日 14時44分
ヘパトの攻撃から逃れるように、何回かこの店を利用している旦那が入ってきた。随分とご機嫌な様子だ。YUIは今の仕事の放浪を辞めたいというような話をしてきた。
放浪 YUI
「yatimo様、
今日『連絡簿』を見に行ったら、「前回のあみだくじをまだ引かれてないので・・・」ということだったんですけれど?
前回のって『第24回あみだくじ』ですよね?
メールを貰った直後に引きに行って〈A〉を引いたはずなんですけど、あれ〜〜?

とりあえず、いま行って、〈B〉を引いてきました。」
そう言ってYUIは不気味にはにかんだ。

隣りに座っていたyatimoが横槍を入れてきた。
クマルビ神 yatimo 2012年04月08日日曜日 20時26分
「どうなっているのでしょうねぇ。でもYUIさんの履歴は見あたらないので、今回はまだ引かれていないってことだと思います。Aは別の方が引かれています。今回は、Bで確認できました。」

ヒッタイト宿帳No.434
2012年04月01日日曜日 15時40分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。最近、神官に志願したばかりだ。yatimoはミスから聞いたという話をしだした。
クマルビ神 yatimo
「朝、サイトが無くなってて、びっくりした〜もしかして、昨日からなかったの〜〜〜??? ひぇ〜〜〜」
相変わらず物知りだ。

そこに何も知らないYUIが陽気に現れた。
放浪 YUI 2012年04月01日日曜日 15時54分
「は〜い〜〜
昨日の午後からなくなってました\(◎o◎)/!

でも他のところは行けたので、こちらのサイト側のトラブルだろうとは思ってました。

いつも行けたところが、いきなり行けなくなるとびっくりしますね。」

突然、剣を持ったミスが店の中に入ってきた!
王宮門番の恋人 花ねこ 2012年04月01日日曜日 16時16分
「おやっ、お引っ越しかしら?
そのうちメールが来るのかなあ・・・なんてね。
ちょっとびっくりいたしましたが、一日早いエイプリルフールということで。(笑)」

ヒッタイト宿帳No.432
2012年03月18日日曜日 14時56分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またはるかがやってきた。一見してエジプト人じゃないことが分かる。はるかは現地の人間でも分からない癖のある訛りで話だした。
アリンナ修行 はるか
「「夢の雫、黄金の鳥籠」2 発売でした。アマゾンで予約して買っちゃいました。篠原ワールド歴史篇ってことで堪能いたしました。ああ〜トルコ行きたい!
読まれたかた、ご感想はどんなもんでしょ?」
これが皆から慕われる要因だ。

後宮から聞こえてきたユーリ様の歌っていた歌はこういう言葉だったのを思い出した。
クマルビ神 yatimo 2012年03月24日土曜日 23時57分
「いや、後宮に入るまでの物語かと思ってたら、入るのが速かったから、ここからどんな展開になるのか、想像つくようで、つかない、それがいいかなって(笑)スレイマンもかっこいいし、イブラヒムも捨てがたい・・ってところで悩んでますけど・・」

化粧を直していたYUIが誘惑してきた。
放浪 YUI 2012年03月25日日曜日 09時51分
「なにげにキャラが『天河』に似てて、
『天河』で敵役だった人が「いい役ください」って言ったかな(^。^)

母后さまは、実際は波乱万丈あったんでしょうけど「ナキア様が、おだやかな王妃人生だったら、こんなだったかな」って感じです。

ドキドキハラハラ、おもしろいです。」

yatimoは話し止める事を恐れていた。
クマルビ神 yatimo 2012年03月25日日曜日 14時46分
「そういえば、スレイマンはウルヒ&表情はカイルっぽいかもw」

はるかは時間も気にせず話を続ける。
アリンナ修行 はるか 2012年03月25日日曜日 16時36分
「そうですね、後宮で生きるって言うことでそれもまたおもしろいなあと。で、yatimo様のストーリーのユーリのように後宮を飛び出してえらいことやらかしたりしたらもっと面白いんですけど、ねっ。」

何故か花ねこが今の話にハモッて来た。
王宮門番 花ねこ 2012年03月26日月曜日 11時48分
「今回のお話はバッチリ史実ですからねえ。
どの程度いじくれるかが、腕の見せ所かも。
それにしても西洋と東洋の狭間のお国は不思議ワールド。
絵にするの大変そうですね。」

YUIはとにかく良く喋る。
放浪 YUI 2012年03月28日水曜日 18時06分
「ええとね。
コミックスのP41でララ(師傅)がヒュッレムに「世界地図」を見せてますけど、『世界』が狭くなってますね。
アジアは、ほとんど知られていない。シナイ半島のあたりも、ちょっとヘン。
時期的にアフリカは「暗黒大陸」になっちゃうころかな?」

ヒッタイト宿帳No.433
2012年03月25日日曜日 15時10分
ヘパトの攻撃から逃れるように、見馴れない一人の淑女が店に入ってきた。この前宮廷に招かれて歌ったらしい。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのかおかみにそれをぶつけてきた。
ペドウィン ゆきうさぎ
「はじめまして。パスいただいて、入れました。これから探検させていただきますね(^-^)/」
冗談にしては笑えない。

yatimoというが話に参加してきた。このジェントルマンは誰にも相手にされていない。
クマルビ神 yatimo 2012年03月25日日曜日 21時58分
「はじめまして♪ランキングからいらっしゃる人がいるなんて、
へぇ〜です(笑)
そういえば参加してたかもしれません。
お客様がいらっしゃるのであれば、もっと真面目に登録しなくては!
また、遊びにいらしてくださいね。」

ヒッタイト宿帳No.431
2012年02月24日金曜日 23時05分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またはるかがやってきた。この黒太子もどきにつかまったら大概の捕虜は人生の地獄を見る。はるかはいかに美人というものが素晴らしいかを主張し始めた。
武器調達係り はるか
「と、とりあえず、ビンゴしましたあ。ヒーヒーハーハー。」
愛されたい。おかみにはそう言っているようにしか聞こえなかった。

・・青空が語り出した。巫女の講義を延々聞かされる事になる。
補給部隊の恋人 青空 2012年02月27日月曜日 01時17分
「はるか様
ようやくですね!!
ビンゴお疲れ様でした♪」

ヒッタイト宿帳No.430
2012年02月19日日曜日 22時05分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またyatimoがやってきた。若者の体から漂う薔薇の香りはイシュタルの受け売りか。yatimoは怪しい通訳を通して話しかけてきた。
クマルビ神 yatimo
「Twitterなさっている方
篠原先生の30周年アカウントは、もうご存知ですか?
篠原先生のアカウントも、ありますけれど

30周年は
shinohara_30th で検索してください。
楽しいです」
yatimoは何故か自分の前職が知れることに酷く怯えているようだった。

ヒッタイト宿帳No.429
2012年02月19日日曜日 10時52分
行動するには絶好の時間帯にまたはるかがやってきた。青空巫女のまじないで一命をとりとめたらしい。はるかは誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
武器調達係り はるか
「てへへ、またですなあ。頑張ってみますがこればかりは「運」とかいうやつで、女神が微笑まねばいけませぬゆえ、どうなりますか・・・。」
店内の客全員がはるかを優しい眼差しで見つめていた。

空の酒を持ってカウンターまでやって来たyatimoがお代わりを注文する。
クマルビ神 yatimo 2012年02月19日日曜日 22時04分
「大丈夫ですよ〜きっと
いつもなんとか、クリアしてますものね(笑)
しかし、相手任せのゲームだから、やきもきしますよね(笑)」

ヒッタイト宿帳No.427
2012年01月30日月曜日 23時04分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またはるかがやってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。はるかはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
武器調達係り はるか
「yatimo様の更新履歴を見ていて、私のブログより多いと気が付きました。私としては嬉しい限りの更新ですが、おからだ壊しませぬよう、インフル殿に付きまとわれませぬよう、イシュタルのご加護を!!

で、そろそろリクエストを、と思いまして連絡簿にて・・。
宜しくです。いぢわるじゃのおわらわは。」
要するに誰かの噂話が言いたいのだろう。

さっきから会話に入りたがっていたyatimoがチャンスとばかりにダジャレをかます。
クマルビ神 yatimo 2012年02月04日土曜日 17時35分
「はいはい・・(笑)久しぶりに天河世界に浸りました(笑)
メールで送りましたので、読んだらご連絡を。
サイトにもUPしますから(笑)」

はるかの言葉は滝のように続く。
武器調達係り はるか 2012年02月08日水曜日 22時46分
「メールにお返事しましたが、どっぷりとyatimoワールドに浸らせていただきました。みなさまにもご堪能頂きたくUP宜しく!」

yatimoはそれを踏まえて次のように捲し立てた。
クマルビ神 yatimo 2012年02月09日木曜日 23時31分
「感想、ありがとうございました〜どうにでも書けるって、
好きなようにできるってことで(笑)いいですよね、ある意味。
いろいろな規制を受けていらっしゃるであろう、篠原先生には
申し訳ないです(笑)
Twitterでも、楽しいつぶやき聞かせていただいています。
お邪魔にならぬよう、気をつけなくっちゃって思います。
近々、リクエストのページにUPしますね。」

ヒッタイト宿帳No.428
2012年01月31日火曜日 00時17分
遠くで獣の狩が始まった合図の遠吠えが響く頃見馴れない一人の金髪娘が店に入ってきた。今夜は最悪の気分だ。木佐はいかにダンディというものが素晴らしいかを主張し始めた。
ペドウィン 木佐
「初訪問。お邪魔します。」
それでよく今まで生きてこれたものだ。

末席で飲んでいたyatimoが代理人を通じて伝えて来た。
クマルビ神 yatimo 2012年02月04日土曜日 17時36分
「木佐さま

ようこそ〜
わざわざご挨拶、ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいね♪」

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 3.10
MISSING LINK

IP Spam Filter