Count: 46901
Welcome to shirotakanomachi
Name
Sex
Site
Mail
Mail Comment
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
ヒッタイト宿帳No.508
2016年05月09日月曜日 21時32分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またはるかがやってきた。インテリを装ってはいるがイル・パーニに憧れている。何を思ったのか踊り子の話しをはじめた。
分隊長 はるか
「ス、スクラッチ開けられないっす。〜^^〜
アプリがないというんだよおお。
あともうちょっとだったと思うんですが・・・。」
その時おかみははるかを抱きしめたい衝動に駆られた。

何故かyatimoという優男がその場を仕切り始めた。
クマルビ神 yatimo 2016年05月10日火曜日 07時59分
「うひゃぁ〜〜閉め切っちゃいました〜〜
でもあみだくじの連絡はしますよ〜
後少しだったんで、ハラハラ見守ってましたww」

はるかは時間も気にせず話を続ける。
ルサファの想い人 はるか 2016年05月10日火曜日 21時48分
「し、しかたないっす。次、頑張ります。」

ヒッタイト宿帳No.507
2016年05月06日金曜日 14時09分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。yatimoはプヨがどこまで大きくなるか、持論を披露し始めた。
クマルビ神 yatimo
「サグアンホチェ様、スクラッチ苦戦中ですね^^
くじの設定が1時間ごとにしてあるので、手が空いてれば
引けますよ。
当たりがでた個所を集中して引いてると
なんとかなりそうです。(確実というわけでも
なさそうなので、そこがちと痛い)
頑張ってください〜」
・・・完全に正気を失っていた。

ヒッタイト宿帳No.506
2016年04月14日木曜日 20時51分
店も賑わいを見せる頃、またyatimoがやってきた。先日、シュバスと喧嘩して以来の顔見世だ。おかみを嬉しそうに見つめ、もったいぶってこう言った。
クマルビ神 yatimo
「あみだくじのお知らせの配信をします。
メールが届きましたら、くじひいてくださいね。
ぷよに参加していただいた
のり様
すずか様
う様
gallery登録必要でしたら、20の質問にお答えくださいませ。」
その非情な目が見つめ続けてきた哀切な過去の結末とは・・。

一息入れた後yatimoはまた語り始めた。
クマルビ神 yatimo 2016年04月24日日曜日 23時10分
「あみだくじ、まだの方〜〜〜
(メールで連絡のあった方のみです)
あみだくじ、引いてくださいませ〜」

ヒッタイト宿帳No.505
2016年01月01日金曜日 21時34分
他の客も酔いが回ってきた頃に、また花ねこがやってきた。この前宮廷に招かれて歌ったらしい。花ねこは1歩もその場を動こうとしなかった。
弓隊の恋人 花ねこ
「あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。ぺこっ」
ユーリ様の神馬、アスランに蹴られたのが自慢だ。

その場にいた誰かが茶々を入れた。・・青空だったような気がするが。
宮廷の召使 青空 2016年01月01日金曜日 22時00分
「皆様 あけましておめでとうございます(o^―^o)

今年もよろしくお願いいたします┏○ペコ

幸多き年となりますように…☆(*´艸`)☆」

その場にいた誰かが茶々を入れた。・・shingoだったような気がするが。
ペドウィン shingo 2016年01月02日土曜日 17時13分
「昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いします。」

仕事仲間と密談をしていたyatimoがこちらの話に干渉してきた。
クマルビ神 yatimo 2016年01月02日土曜日 17時34分
「2016年 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。皆様に幸多かれんことをお祈りいたします。」

ヒッタイト宿帳No.504
2015年12月26日土曜日 00時02分
遠くで獣の狩が始まった合図の遠吠えが響く頃またはるかがやってきた。青年の美貌に店内中の女の子が息をのむ。何を思ったか自分はシュッピルリウマ王の治世の生まれなんだと主張しはじめた。
分隊長 はるか
「Merry Christmas!And God bless you.って書いたら拒否されましたんで、無粋ながら日本語も入れてみました。これでいいかな?」
事実だとしたらかなりやばい話だ。

yatimoが現れた。場の雰囲気が一瞬にして凍りつく・・・・。
クマルビ神 yatimo 2016年01月02日土曜日 17時33分
「あっ!けっこうきついソフト入ってるんですww私もしょっちゅう追い出されてます〜メリクリありがとうございます〜♪」

ヒッタイト宿帳No.503
2015年11月21日土曜日 12時11分
行動するには絶好の時間帯にまたyatimoがやってきた。この界隈じゃカッシュの弟子入り希望者として有名だ。yatimoは誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
クマルビ神 yatimo
「まひるさま。suzumeさま。
訪問なさったら、あみだくじを引いてくださいませ。
次のゲームが終了するまで開けておきますので、
よろしくお願いします。」
後半は殆ど聞いていなかった・・・・。

ヒッタイト宿帳No.502
2015年10月31日土曜日 21時49分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またyatimoがやってきた。yatimoはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。差し出した一杯の水を飲み干すとくたびれた声で一つの話をした。
クマルビ神 yatimo
「【イラク】ギルガメシュ叙事詩の失われた一部を発見。
博物館がクルディスタン地域で密輸業者から購入
http://www.livescience.com/52372-new-tablet-gilgamesh-epic.html

新たに発見された粘土板から、怪物フンババは
エルキドゥの幼い頃の友人だったことが明らかに 」
なぜここまで自信たっぷりに話せるのだろうか。・・・・理解に苦しむ。

ヒッタイト宿帳No.501
2015年10月31日土曜日 20時05分
店も賑わいを見せる頃、またyatimoがやってきた。家族が七日熱にかかったが、回復した祝いに来たのか。yatimoは悲愴な顔を浮かべて倒れるようにカウンターに座った。
クマルビ神 yatimo
「先週の世界ふしぎ発見、ご覧になりましたか?ヒッタイトの新たな発見がありそうですね。石板も見つかったようで、なんだか久しぶりにワクワクしました。」
自虐的ジョークがお得意のようだ。

ヒッタイト宿帳No.500
2015年08月16日日曜日 22時26分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またはるかがやってきた。はるかは店内中の踊り子に投げキッスをし、はるかはおかみを見つけると嬉しそうに近づいてきた。
分隊長 はるか
「 yatimo様、残暑お見舞い申し上げます。
いかがお過ごしですか?
もしかして、この暑さでへたっているのでわ?」
だがその目元は優しかった。

旅に出たと思っていたyatimoがひょっこり現れた。
クマルビ神 yatimo 2015年09月10日木曜日 20時57分
「はるかさま お久しぶりです〜更新忘れてるわけではないのですが、更新する時間が消えてしまう(謎ww)のです。後少ししたら、かなり暇になって落ち着くので、またいろいろ再開します。もう少し待っててくださいませ。」

はるかはさらにこう言った。
分隊長 はるか 2015年09月14日月曜日 20時51分
「あら、よかった。ご無理なさらずに気長に待ってます。なにせ何千年も待ったのですからね。」

ヒッタイト宿帳No.499
2015年01月11日日曜日 19時46分
店も賑わいを見せる頃、またyatimoがやってきた。yatimoが入ってくるなり店内が静まりかえった。自分の人生が今までどんなに不幸だったかを延々と話し始めた。
クマルビ神 yatimo
「gegeさま
あみだくじ引いてくださいね。あれ、メール送ってませんか?」
オヤジは、なつめをほおばったまま話した。

gegeというペドウィンが話に参加してきた。このレディは誰にも相手にされていない。
ペドウィン gege 5 2015年04月07日火曜日 16時52分
「ご連絡下さっていたのに本当に申し訳御座いませぬ…
なんか全然余裕のない生活で。。。
仕事がちょっと落ち着いたのでお邪魔できました。
これからまたお邪魔させて頂きます!」

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 3.10
MISSING LINK

IP Spam Filter