Count: 46434
Welcome to shirotakanomachi
Name
Sex
Site
Mail
Mail Comment
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
ヒッタイト宿帳No.517
2017年05月16日火曜日 20時54分
店も賑わいを見せる頃、またyatimoがやってきた。青空巫女のまじないで一命をとりとめたらしい。yatimoは寒いダジャレを得意げに言ってから本題にふれた。
クマルビ神 yatimo
「にゃんこさま、質問にお答えいただきありがとうございました。よければゲームなどにもご参加くださいませ。細くなが〜いおつきあいいただければ、嬉しいです^^」
今時こういう発言をする人間がいるだろうか?

ヒッタイト宿帳No.516
2017年05月15日月曜日 16時55分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。色男は安息の家からの帰りらしい。yatimoは先日プヨが大きくなったところに遭遇したらしい・・気の毒に・・
クマルビ神 yatimo
「ミサミサさま すぴーどくじ当たり確認しておりますです^^」
yatimoは自分の存在を誰かに知って欲しいのだ。

ヒッタイト宿帳No.515
2017年05月04日木曜日 22時00分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またyatimoがやってきた。家族が七日熱にかかったが、回復した祝いに来たのか。yatimoは最近の淑女がいかに腹立つかを力説しはじめた。
クマルビ神 yatimo
「shingoさま すぴーどくじ当たり確認させていただきました〜
ううっ毎回はずれしか引かない私^^」
自分の親から散々言われてきた言葉なのだろう。

居酒屋寿司に地中海で獲れた魚を卸しにきたshingoが話だした。
放浪 shingo 6 2017年05月05日金曜日 12時54分
「いつもお世話になっています。
当たりを引いてももしかしたら
見間違えかもと思ったり・・・。
ありがとうございます!!」

ヒッタイト宿帳No.514
2017年04月30日日曜日 16時30分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。店に入る前からyatimoは酔っ払っていたらしく、ウルスラに睨まれた。yatimoは現地の人間でも分からない癖のある訛りで話だした。
クマルビ神 yatimo
「花ねこさま。スピードくじ当たり確認しました〜おめでとうございます〜」
この後、誰もが予想だにしない展開が!

ヒッタイト宿帳No.513
2017年04月26日水曜日 19時17分
店も賑わいを見せる頃、またりーがやってきた。この黒太子もどきにつかまったら大概の捕虜は人生の地獄を見る。りーは今の仕事の王宮門番の恋人を辞めたいというような話をしてきた。
王宮門番の恋人 りー
「当たったぁ〜☆
いやぁ、前回いつの間にか終わったいたりなんかして……( ;∀;)
今回はマメに頑張ってみました♪」
ご高説をありがとう。

その時だったか、なんの関係もないyatimoという男が話に加わってきた。
クマルビ神 yatimo 2017年04月30日日曜日 16時29分
「おめでとうございます〜 予告なく断りなく気分次第で終わるゲームでして^^しかし、みなさんこまめです〜 頑張るぞ〜w」

ヒッタイト宿帳No.512
2017年04月25日火曜日 13時23分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。この前宮廷に招かれて歌ったらしい。yatimoはいかに箱入り娘というものが素晴らしいかを主張し始めた。
クマルビ神 yatimo
「PonPonさん、早い〜一抜け確認しました(^^♪」
どう聞いても自慢話だった。

踊り子のシュシュリナと友達のponponが陽気に体を動かしていた。
弓持ちの恋人 ponpon 2017年04月25日火曜日 23時44分
「こんばんは(^○^) お久しぶりです
いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ〜 今回はやかったっすねえ♪
自分でもビックリ\(◎o◎)/!でした

ココにあまり顔を出せなくてごめんなさいm(__)m
でも いつも楽しませてもらっていますので
これからもヨロシクお願いしますね(^.^)/~~~」

ヒッタイト宿帳No.511
2017年01月02日月曜日 16時57分
ヘパトの攻撃から逃れるように、またyatimoがやってきた。青年の美貌に店内中の大和撫子が息をのむ。yatimoは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
クマルビ神 yatimo
「ゲームの前回のログが残ってたようなのですが、順位の表示が違うだけで、わかりますので、ご心配なくw」
本当はこの先も続くのだが、長くなるのでここで割愛させていただく。

ヒッタイト宿帳No.510
2017年01月01日日曜日 00時12分
遠くで獣の狩が始まった合図の遠吠えが響く頃また青空がやってきた。青空が入ってくるなり店内が静まりかえった。青空は1歩もその場を動こうとしなかった。
宮廷の召使 青空
「新年あけましておめでとうございます( *´艸`)

昨年も楽しく訪問させていただきました♪
今年もよろしくお願いいたします┏○ペコ

皆様にとって幸多い年となりますように☆彡
心身ともにご自愛ください!」
じつは密かにルサファを慕っている。

丁度、店に酒を運びに来ていた酒屋のyatimoが口を挟んできた。
クマルビ神 yatimo 2017年01月02日月曜日 16時56分
「あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。」

ヒッタイト宿帳No.509
2016年07月17日日曜日 22時19分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またりーがやってきた。りーが入ってくるなり店内が静まりかえった。自分の人生が今までどんなに不幸だったかを延々と話し始めた。
王宮門番の恋人 りー
「スピード、当てられずに終わっちゃいました〜( ノД`)シクシク…」
昔はもっと素直ないい子だったのに・・・。

自分の事だと勘違いしたのかyatimoが言い訳をし始めた。
クマルビ神 yatimo 2016年07月18日月曜日 23時51分
「あ〜もしかすると、あたりくじ、めっちゃ少なかったのかも〜自分が一番に当たってしまったのでww リーさまにあたりお譲りします。早く当たるように設定しすぎちゃったのかもしれません。すみませ〜ん」

何気なくyatimoは話を続ける。
クマルビ神 yatimo 2016年07月18日月曜日 23時57分
「多分、復帰しました〜(;'∀')」

りーはこうも言った。
王宮門番の恋人 りー 2016年07月27日水曜日 11時35分
「が、頑張ってみますぅぅぅ〜( ;∀;)」

ヒッタイト宿帳No.508
2016年05月09日月曜日 21時32分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またはるかがやってきた。インテリを装ってはいるがイル・パーニに憧れている。何を思ったのか踊り子の話しをはじめた。
分隊長 はるか
「ス、スクラッチ開けられないっす。〜^^〜
アプリがないというんだよおお。
あともうちょっとだったと思うんですが・・・。」
その時おかみははるかを抱きしめたい衝動に駆られた。

何故かyatimoという優男がその場を仕切り始めた。
クマルビ神 yatimo 2016年05月10日火曜日 07時59分
「うひゃぁ〜〜閉め切っちゃいました〜〜
でもあみだくじの連絡はしますよ〜
後少しだったんで、ハラハラ見守ってましたww」

はるかは時間も気にせず話を続ける。
ルサファの想い人 はるか 2016年05月10日火曜日 21時48分
「し、しかたないっす。次、頑張ります。」

[NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 3.10
MISSING LINK

IP Spam Filter