Count: 47927
Welcome to shirotakanomachi
Name
Sex
Site
Mail
Mail Comment
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
ヒッタイト宿帳No.531
2018年11月16日金曜日 23時30分
他の客も酔いが回ってきた頃に、割とよく来るるれが入ってきた。派手な衣装だ。おかみしか話し相手がいないのか真っ先にこちらへやって来た。
ユスラ族 るれ
「ギャラリーに登録されていません😢」
未だに過去にすがって生きている。

ヒッタイト宿帳No.530
2018年11月13日火曜日 11時53分
行動するには絶好の時間帯に見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。ヴィトンバッグは店内中の彼女に投げキッスをし、ヴィトンバッグは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
放浪 ヴィトンバッグ
「手触りの柔らかい上質な素材を使用しており、完成度の高いブランドスーパーコピー激安逸品です。激安 ブランドhttp://hxqiu.com/普段使いはもちろん、お出かけやお食事更に旅行時にピッタリのアイテムですね。ヴィトンルブタン 偽物http://hxqiu.com/?brand-27.html少し小さめの手頃なサイズで、上品さと高級感に溢れた使い勝手の良いお品です。小物の収納にぴったりです!軽くて持ちやすいので女性に嬉しいです。」
なかなか話し上手なプリンスだ。

ヒッタイト宿帳No.529
2018年11月12日月曜日 19時48分
店も賑わいを見せる頃、割とよく来るるれが入ってきた。随分とご機嫌な様子だ。るれは怪しい通訳を通して話しかけてきた。
ユスラ族 るれ
「ゲームの順番とか決まってますか」
子供達が泣いてるぞ・・・。

ヒッタイト宿帳No.528
2018年11月11日日曜日 23時04分
他の客も酔いが回ってきた頃に、何回かこの店を利用している女の子が入ってきた。るれが入ってくるなり店内が静まりかえった。るれは1歩もその場を動こうとしなかった。
ペドウィン るれ
「スクラッチクリアできました🎵次は何ですか?🎶」
家に連絡はしたのだろうか?心配だ。

ヒッタイト宿帳No.527
2018年10月23日火曜日 07時18分
朝方、爽やかな風が山から下りてくる頃、またyatimoがやってきた。先日、シュバスと喧嘩して以来の顔見世だ。yatimoは悲愴な顔を浮かべて倒れるようにカウンターに座った。
クマルビ神 yatimo
「【お知らせ】
みなさま大変お待たせいたしました!
篠原千絵原画展の原画展オリジナルグッズが一部公開となりました!
ぜひ公式サイトのGOODSページをチェックしてみてください★
詳しくは↓↓
shinoharachie.gengaten.com/goods.html


というのが、あがってます。専用のアカウントもできたようですね。池袋行ける方は是非!」
独り言なのだろうか・・・・・?

ヒッタイト宿帳No.526
2018年10月20日土曜日 18時58分
店も賑わいを見せる頃、またyatimoがやってきた。ユーリの誘いでこの国に来たらしい。yatimoはいかにが儲からない職業かを愚痴りはじめた。
クマルビ神 yatimo
「篠原先生のツイッターから!
そろそろ発売されるSho-Comi22号に
「天は赤い河のほとりー宿敵ー」
を描かせていただきました。
今度はこいつの話です(^^)
って、ラムセスが!!」
yatimoの話を聞いているとおかみまで楽しくなる。

ヒッタイト宿帳No.525
2018年10月16日火曜日 19時23分
店も賑わいを見せる頃、何回かこの店を利用している令嬢が入ってきた。令嬢の体から漂う薔薇の香りはイシュタルの受け売りか。るれはいかにペドウィンが儲からない職業かを愚痴りはじめた。
ペドウィン るれ

GAlleryに名前が登録されてないのはなぜですか」
おかみのはるれの金髪の長い毛に釘付けで、話を聞く余裕はなかった。

隣りでビールを飲んでいたyatimoが震え出した。顔を上げた時のyatimoの雰囲気がガラリと変わっていた・・・そこに現れたのはどうやら第5の人格だったようだ。
クマルビ神 yatimo 2018年10月19日金曜日 23時50分
「ギャラリーですね。時間のある時、登録しておきます。お待ちください。ゲームも更新しないとですが、こっちもしばらくお待ちください。」

ヒッタイト宿帳No.524
2018年10月16日火曜日 07時32分
朝方、爽やかな風が山から下りてくる頃、何回かこの店を利用している女官希望が入ってきた。この界隈じゃカッシュの弟子入り希望者として有名だ。得意万面で初恋の話をしだした。
ペドウィン るれ
「20回答したのに登録されてないのはなぜですか」
人と同じようにしていないと不安なのだろう。

yatimoが得意げに参加してきた。この貴公子に理解できる話では無いのだが・・・。
クマルビ神 yatimo 2018年10月16日火曜日 13時17分
「ん?るれさまの回答、簡易版に、ちゃんと登録されています。ありがとうございました!」

ヒッタイト宿帳No.523
2018年10月15日月曜日 19時55分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の美人が店に入ってきた。るれと言う名前らしいがそう呼んで欲しいのだろう。何を思ったか自分はシュッピルリウマ王の治世の生まれなんだと主張しはじめた。
ペドウィン るれ 7
「こんにちは宜しくお願いします」
そう言ったるれの表情は酷く疲れていた。

今では出世したyatimoの言葉をふと思い出した。
クマルビ神 yatimo 2018年10月15日月曜日 23時30分
「るれ様、数年なんも更新して無いかも!しれないサイトですが、何とか踏ん張っておりますw」

るれはまだ言い足りない。
ペドウィン るれ 2018年10月15日月曜日 23時39分
「これからも宜しくお願いします」

ヒッタイト宿帳No.522
2018年09月19日水曜日 01時10分
遠くで獣の狩が始まった合図の遠吠えが響く頃見馴れない一人の女王様が店に入ってきた。イシュタル様から声をかけられたらしい。おかみにペコペコお辞儀をすると童子のような眼で語り出した。
ペドウィン あいり
「お邪魔します!」
そう思っただけで実際には何も言わなかった。

また、yatimoが口をはさんできた。自分からは発言しないが人の話題には入りたいらしい。
クマルビ神 yatimo 2018年10月15日月曜日 23時29分
「いらっしゃいませ!」

[NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 3.10
MISSING LINK

IP Spam Filter